肥料・用土作り

よい土の条件とは?

花を栽培するのにいちばん重要なのは土です。では、どのような土が栽培に適した土といえるのでしょうか。
よい土の条件としては

1.水やりをしてもすぐ乾かず、しばらく水を保持していること。
2.水やりをしたら表面にたまらず、すっと水になじむこと。
3.土の粒の間に、適度な隙間があり、空気が十分に通ること。

以上の3つが基本です。
ほかにも、極端に賛成もしくはアルカリ性に偏ってないことや、病気・害虫・雑草の種子が混ざっていないこと、養分や肥料分を保持できることなども重要です。

底植えと鉢植えでは土も違います。

底植えや花壇では、極端にやせた土でない限りそのままの土を利用することができます。
その場合、堆肥や腐葉土などの有機物質を加えながらよく耕すことが必要です。
乾くとカチカチに固まってしまうような土には多めに与えてください。
また、弱アルカリ性を好むキンセンカやスイートピーなど特定の草花もありますが、多くの草花は弱酸性(pH5.5~6.5 )を好みますので、土壌が酸性の場合には石灰類を土にすき込んで中和させるとよい。
酸性かどうかは市販の簡易のpH試験紙で調べることができますが、日本の土壌はほとんど酸性といわれていますので、調べない場合でも、酸性をとても嫌う草花を植える時は、適度にすき込んでおくとよいでしょう。
鉢、プランターなどの容器栽培は目詰まりを起こしやすいので、庭土を利用するのは避けたほうがよいでしょう。
一般的には赤玉土をベースに腐葉土やバーミキュライトなどをブレンドして使用しますが、配合により土の特性が変わってくるので、初心者は、すでにブレンドずみの培養土をしようするのも良いでしょう。

古土の利用の仕方

古土の取り扱い
① 鉢やプランターから古土を出し、手でよくほぐします。
② ふるいにかけて古い根や小石などを取りのぞきます。
古土の取り扱い
③ 日向の場所にビニールシートを広げ、たっぷり水を注ぎます。
④ 泥状態になった土を手でよくこねます。
古土の取り扱い
⑤ 再びビニールシートに広げて2~3日乾燥させます。
⑥ 乾いたら腐葉土や石灰類を少量加えます。

肥料の三大要素とは?

植物が成長していくためには水、二酸化炭素、酸素のほか、さまざまな栄養を必要とします。
なかでも、チッ素、リン酸、カリウムは植物が特に必要とする養分です。
土のなかで不足しがちなこの「肥料の三大要素」をうまく与えることが施肥の重要なポイントとなります。
そのときどきの植物の状況に応じて、肥料を選ぶようにしましょう。

各種肥料の一長一短

肥料には大きく分けて、牛ふん、鶏ふんなどの有機質肥料と、無機質の化成肥料の二つがあります。
有機質肥料は土中で水分を含み、微生物によって無機質に分解されて初めて肥料になります。
つまり速効性はありませんが長い間効果が持続するのです。
化成肥料に比べると成分濃度が低く、与えすぎによる害が少ないのも利点です。
しかし強い臭いをともないハエなどの虫も集まりやすいので、室内栽培には向きません。
一方化成肥料は、与えるとすぐに水に溶けて吸収され、速効性が高い肥料です。
しかし与えすぎると根が傷みやすいので気を付けないといけません。一般的には効果は持続しないものの、長期間効果の続く緩効性のものもあります。
いずれにせよ肥料は植物が望む以上に与えても効果がないばかりか、害を与えることもあるということを忘れないでください。
例えば生育期や花期にある植物は定期的な施肥を必要とするが、新しい芽が伸びていないときには時期にはほとんど必要としません。
また植え替え直後など根が弱っている時に大量に与えるのも逆効果です。
葉色が悪いなど、植物が出す生育不良のサインを見逃さず、また、植物の状態を考えながら与えることがポイントです。

Copyright(c) 2011 nagaishi-zouen.co.jp All Rights Reserved.