植え付け・水やり

草や根を傷めないようにすることが大切です。

球根の植え付けや種子から育てた苗の鉢上げや定植などの作業は草花を育てる上で必要になります。
花がつき始めた苗を購入して育てる場合でも、花壇に植え替えたり、根詰まりを起こした鉢の植え替えなどの必要があります。

つまり、株や根を傷めずに植え付け、植え替えを行うことが上手に草花を育てるポイントといえます。

植え替えは基本的に少々乾燥気味の状態で行います。

前日に多めの水を与えておき、植え替え当日の作業前は水をあげないようにします。
作業は直射日光が苗に当たらないように日陰で素早く行うことが重要です。

植え替えたら、たっぷりの水を与えてください。また、植え替え後は苗が少し弱っているので、強い肥料はさけてください。
あらかじめ用土に元肥として緩効性肥料を施すか、少量の置肥をする程度にすると良いでしょう。
鉢上げ
植え付ける前に、かる石や大粒の赤玉などの鉢底土を入れ、水はけをよくします。
その後用土を鉢底土が隠れる程度に入れ、株を置き用土を足していきます。

球根の植え付け

球根の植え付けの深さはそれぞれの性質により異なります。
適当な深さに植えないと、発芽しなかったり、発芽しても生育が悪かったりします。

球根を植え付ける際は必ず確認してから行うことが重要です。
球根間の感覚は成長した時の大きさを考えることも大切です。
球根の植え付け
鉢植えにする場合には十分に根が張れるよう、球根の頭部が隠れる程度の浅植えにする事がほとんどです。

花壇への植え付け、植え替え

花壇への植え付け
植え付けの2週間程前に、堆肥や腐葉土など有機肥料を土壌に混ぜよく耕し、酸性土壌であれば石灰類をすき込んでおきます。
適当な株間をとり、土を掘り上げて植え付けます。彫り上げた土は適量戻します。

苗の植え替え

苗の植え替え
苗がよく生育している場合、根より下になる部分まで用土を入れ、その上に根を広げた状態で苗を持ち、周りから土を入れます。
苗が未成熟な場合、箸などで開けた穴に根を入れ、周囲の土を軽く手で寄せます。植え替え後の用土には水分を含ませておきます。

根詰まりを起こしたら

鉢いっぱいに根が回ると通気性、排水性が悪くなり株に元気がなってきます。
そうなったらひと回り大きな鉢に植え替えを行います。
また、また根詰まりを起こさないまでも、宿根性の草花を何年も植え替えずにおくと、用土がかたまってくるので植え替えをしたほうがよいでしょう。
根詰まりの対処
植え替える際、徒長した葉は切り詰め、長い根や腐った根も切り取っておきます。発達した苗の植え替え同様に根をよく広げて植え付けます。

Copyright(c) 2011 nagaishi-zouen.co.jp All Rights Reserved.